ネイルのデザイン厳選情報

 



ネイルのデザインをたくさん見る>>

 

ネイル デザインその2

ネイル デザインその2です。

ネイルアートをしていく順序を守ってやりましょう。
前回のベースコートの続きです。

ネイルのカラーリングをしていきます。
カラーリングする時の注意点として、
知っている方も多いと思いますがハケは扇形になるようにして塗っていくのが上手く塗るコツです。

これはネイルに何回もデザインすることで慣れてきます。

あとハケにたくさんの量がつかないようにボトルでハジいて調節することが必要です。たくさんハケに付けすぎるとやりにくいです。

特にネイルの先端部分は、ハケにつける量は少ないほうが良いでしょう。

あと、甘皮側の部分は少し隙間を空けて塗るのがよいとされています。
これもよく聞くことだと思います。

この微妙なスキマを空けれるようになるのも練習あるのみです。

忘れてはいけないのが、ネイルのカラーは2度塗りましょう。
2度塗ることでキレイなネイルのデザインに仕上がります。

ネイル デザイン ネイルアートその1

ネイル デザインする心構えなんて、大袈裟ですがネイルアートとかをするときは、時間に余裕を持ってやりましょう。

余裕がないと、いつもキレイにできるネイルのデザインもうまくいかなくなるときがありますよ。

ネイルにデザインする前には、ネイルをきちんとキレイにしましょう。汚れは落としておかないとダメです。アルコールでサッと拭いてしまってもいいですね。

塗り方の基本は利き腕の小指から塗っていくのがいいでしょう。
ネイルの塗り方は真ん中から塗っていき、その後左右に塗っていくというのが基本です。


まずはリッジフィラーでネイルの表面を均等にしましょう。

ベースコートから塗っていってもいいですよ。


リッジフィラーはどちらでもかまいませんが、ベースコートは必要です。
ネイルをデザインするときに、ベースコートは必要になってきます。

ベースコートを塗らずに直接ネイルカラーするのはやめましょうね。
ベースコートを縫っておくことでネイルのデザインの出来も変わってきます。

ネイルのデザイン知識−ワンタッチネイルとは

ネイルデザインすると言っても様々ですが、現在芸能人やセレブの人達の間で流行っているのがワンタッチネイルです。

このワンタッチネイルですが、普通のチップとは違い使用感やネイルのデザインが今までのものとは違ったものになっています。


特にネイルのデザイン面などはすぐれています。


しかも名前の通りワンタッチでネイルの上に、お気に入りのデザインのチップを取り付けすることが可能です。今までのようにボンドや両面テープなどの必要がないのでネイルへの負担も少ないです。


そして何よりネイルに装着するまでの時間が一瞬です。



ネイルのデザインも豊富にあるので使い勝手がいいのがワンタッチネイルの特徴です。


ネイルアートにラインストーンを使う

ネイルデザインする時に、ネイルアートをどのようにしたらいいかわからないという方はラインストーンを使ってみるといいです。

ネイルをデザインするといっても様々な方法がありますが、ネイルにラインストーンを付けるだけで爪の印象がまったく変わりますし美しさも変わって見えます。ネイルのデザインが映えるんですね。

たった一粒のラインストーンをつけるだけでネイルのデザインが変わってきますので、ラインストーンの配置の仕方や種類を加えていくことでネイルアートのデザインの幅が広がります。

さらにラインストーンだけでなくブリオンも混ぜて配置していくことでネイルアートのデザインに無限の可能性がでてきます。


ネイルのベースの色やデザインとラインストーンの色を合わせてネイルにつけていくことでとてもキレイなネイルアートが完成するでしょう。

ネイルをデザインする時には、是非ラインストーンを加えることも考えてみてはいかかでしょうか。




ネイルアートのデザイン知識の必要性

ネイルアートデザインをしてもらう、もしくはする為にはネイルサロンでプロに美装してもらうのが早いと書きましたが、そのためにはある程度知識を入れていったほうがよいと言いました。

それはネイルアートを自分でデザインする時にもその知識がムダにならないからです。むしろネイルアートを自分でデザインするのであれば、その知識はかなり役に立つと言ってもいいでしょう。

必ずあなたのネイルアートをデザインする際に協力な武器となるでしょう。

もちろんそれは本格的にネイルアートをデザインしようと、趣味で遊び程度にしようと同じことです。

やはり趣味や遊びでネイルアートをデザインするにしても、女性はキレイ、かわいいネイルを作りたいという気持ちが少なからずあるからです。


ネイルアートをデザインしてお洒落を楽しむ、そしてキレイな指先はあなたの魅力を一層引き立てることができるでしょう。


ネイルアートでデザインする前に

ネイルアートデザインをする前に、ネイルアートといってもどういったものがあるのか知っておこう。

ネイルアートをデザインする時に使われる技法としてスカルプチュアネイル、
ワンタッチネイル、ブライダルネイル、フレンチネイル、3Dネイルとチップなどを使いいろんなことができるのです。


ネイルアートをデザインしてもらいたくてサロンに行く前には最低限の知識を入れておいたほうが、あなたが望むネイルアートのデザインに近くなると思われます。もちろんまったく何も知らなくても、ネイリストがきちんと丁寧に教えてくれると思いますが。


ネイルアートをネイルサロンでデザインしてもらう場合でも、美容室で髪を切ってもらう場合でも、やはり自分が望むイメージをきちんと伝えるというのが重要になってきます。

相手に自分が思うイメージが伝わっていなければ、ネイルアートのデザインであっても髪であっても満足したデザインが出来上がる可能性は低くなってしまいます。

そうならない為にもどういうネイルアートのデザインにして欲しいか、きちんと伝えましょうね。