ネイルのデザイン厳選情報

 



ネイルのデザインをたくさん見る>>

 

ネイル デザイン厳選情報 〜目次〜

当サイトはネイル デザインを簡単にできるように詳しくネイルアートのやり方を紹介していきます。

ネイリストのようなプロがネイルをデザインしたような、かわいいデザインをスカルプ、フレンチ、ジェル、カルジェル、3Dアートを駆使してネイルチップに装飾をしていきましょう。



ナチュラルなデザインからグラデーションのきいたデザインまでラインストーンやアクリル絵の具で自爪に描き、ブライダル(結婚式)、成人式など和風の着物に合うもの、そして夏、冬(クリスマス)季節ごとに使えるものをネイルのデザインごとに使いわけしていきましょう。


ネイルのデザインの見本写真も画像や動画を使って掲載していきます。
かわいいピンクのスパンコール色なんて人気ですね。


ネイルサロンがあまりない地方の方には
お近くのネイルサロンを探しやすいように、全国ネイルサロン一覧もあります。

ピンクのスパンコールやリボンなどは、さすがに合いませんが、メンズ用のネイルのデザインの作り方もあります。ネイルのデザイン厳選情報では、モノトーンなどメンズ用のネイルのデザインも扱っていきます。

ネイリストへの心構え

ネイルにデザインすることは、
生活スタイルに合わせることができ、
いろいろな働き方があるネイルをデザインするネイリストは、
女性にとって人気のある職業として人口の増えている仕事であります。

アートチップを販売したり、自宅でネイルをデザインすることができる
サロンを開業、美容院やブライダル関係に就いたりと
活躍する場所はたくさんあるわけです。


自分の感性を生かすデザインをネイルにすることができる、
そんな魅力が多くの女性を惹きつけているのではないかと思います。


デザインというものは、ネイリスト個々の経験や感性によって生まれるものですから
人によって変わってくるわけです。
もちろんネイルにデザインするということは
センスも必要になってくるといえるでしょう。


デザインセンスというものは、ネイルをしてくことで磨かれるものでもあります。もちろんネイルだけではなくデザインのために他のことにも興味を持つ必要もあるでしょう。

デザインは生まれ持ったセンスがなくても磨いていくことができるので
センスがないと諦めるよりはやりたいことを突き進む選択を
してほしいと思います。


ネイルをデザインする/ネイルカラーの塗り方

ネイルのケアが終わったら次はデザインです。

ネイルにデザインする前にトップコート、ベースコートを塗っていきますが、ネイルにつける量をきちんと調節する必要があります。量はハケをはじいて調節しましょう。

もちろんネイルに塗る前には爪の汚れはきちんとコットンなどで拭き取っておきましょう。


■ベースコート

次にネイルをデザインをキレイにも見せる意味と爪を保護する役割を果たしてくれるベースコートを塗っていきます。

ベースコートはネイルにまんべんなく均等に薄く塗っていくのがコツです。



■ネイルカラー

ネイルカラーはまず始めにエッジからネイルを縁取るように先に塗り、そのあと真ん中から塗っていき、両サイドの順に塗っていきます。
(ネイルアートなどのデザインする時を考えて丁寧に)


コツとしてはハケに力を入れすぎないことです。



■トップコート

トップコートはネイルカラーの時と同じ順番に塗っていきます。ネイルにトップコートを塗ってあればデザイン的にキレイにも見えますし、ネイルの保護やツヤを出すといった役割もあります。

キューティクルオイルを塗るのもいいですね。


ネイルにデザインする前に

ネイルデザインする前にまず先にやっておくことがあります。それが割れている爪を整えるネイルケアと爪やすりを使いネイルの形を整えるといったことを先にする必要がありますし、個人でしたいのであればデザインと共にその知識を学ぶ必要があります。


ネイルのケアといってもまず爪先を大雑把に形作りしていきます。
ネイルのデザインはまだまだ先になります。

そして、ネイルの形が整ってきたら角を取って細かい部分をキレイにしていきます。ネイルにデザインするときにここで形がキチンとできれいるか、大切になってきます。


そして、ネイルの表面を磨いていきます。ここでもネイルの形を整えたときと同じく、まずはネイルの表面を大雑把になめらかにしていきます。


そして、ネイルの表面をピカピカに光るまで磨いていきます。
これをしているとネイルにデザインするときに仕上がりが変わってきます。

ネイルのデザインはまだです(笑)
そして忘れてはいけないのが甘皮をキレイにお手入れしてネイルのケアの完了です。


ネイルのデザインを楽しむ女性達

ネイルデザインを楽しむ女性が増えてきています。
これは服や髪だけでなく指先にもオシャレをするという意識が広まってきたからだと思われます。

マニキュアやチップなどでネイルをデザインすることを楽しんでいる女性もたくさんいらっしゃいます。

いつの時代であっても女性は美を追求するものです。

ネイルのデザインだけでなくすべての部分にファッションを取り入れていく、それを楽しみながらキレイになる。素晴らしいことですね。

ネイルのデザインというものはニューヨークなどのファッションの最先端であるところから発信されていますし、日本でもネイルにデザインすることが広まってきたとはゆえ、まだまだ認知度は低いでしょう。


それはまだ我々日本人がネイルにデザインすることをただのオシャレとして扱っているだけなのだからかもしれません。


ネイルにデザインすることを日々の身だしなみと捉えることができるようになれば、国民のネイルに対する考え方やイメージが変わっているでしょう。

ネイルのデザインや技法

ネイルデザインすると一言でいっても様々な技法があります。
もちろんプロのネイルアーティストにネイルのデザインを頼むと高度なテクニックを駆使してかわいいネイルのデザインに仕上げてくれます。


またプロのネイリスト達はネイルをデザインする時に欠かせない、ネイルケア用品からアート用絵の具、スカルプチュアキットなどの用具を使い、ファイリング、カラーリング、ネイルリペア、デザインスカルプチュア、フレンチスカルプチュア、そして今人気の3Dネイルアートなどのテクニックを使い我々のネイルをデザインしてくれるでしょう。


ネイルにデザインを施すネイルアートというものは、海外でも盛んに行われております。NYなどでは週に1度ネイルデザインを変えるためにネイルサロンに通う人も多いようです。

ネイルのデザインは最先端を行くニューヨークへネイルアートを施してもらいに行くのもオシャレなライフスタイルですね。

日本では見ることができない新しいネイルのデザインでオシャレを楽しむのもひとつだと思います。

ネイルのデザインの世界ついて

ネイルデザインの説明の前にネイルについて軽く説明しておこう。

ネイルとは爪のことであり、ネイルをデザインするとは爪に美装をほどこしていくことである。今ではネイルにデザインをキレイに施してくれる専門のネイルサロンなどがあり女性に大変人気がある。


ネイルにデザインを施していくことをネイルアートと呼ばれ、今では様々なところでいろんなネイルにデザインをしていくネイルアートのコンテストなども開かれている。

ネイルをデザインするネイルアートの技術を見につける為に専門の育成スクールなども多々みられるようになってきた。

これらのスクールでは、ネイルに施すデザインの技術を高める為にプロの講師の指導を受けることができるようになっている。


ネイルのデザインの技術を習得し、スクール卒業後には美容室やネイルサロン、もしくは芸能人などの専属ネイリストとなり活躍する人も増えてきている。


ネイルをデザインするということは、己の"感性"や"優れたテクニック"などが影響してくるが、それに加えて芸術としてとらえるならば個性も求められる世界である。

ネイルのデザインに求められるものとしてスカルプチュアやエアブラシなどのテクニックも要求されるので独学でネイルアートの世界を学んでいくのは難しいといえよう。


ネイルをデザインするネイリストは、ファッションやヘアメイクなど多くの知識も求められる職業である。